関連リンク

一般社団法人長野県サッカー協会

一般社団法人長野県サッカー協会

2016 第9回審判セミナー 受講生の反応

2016 第9回審判セミナー 受講生の反応

第9回審判セミナー 活動報告

試合を円滑に進めるために、審判員同士のコミュニケーションを中心としたチームワークはとても大切になってくると思いました。毎回同じ審判員の方と組む訳ではないので、その度に積極的にコミュニケーションをとれたら良いと思います。今回の実技では、オフサイドテストではなくまた違ったオフサイドのジャッジのトレーニングで、実践的で勉強になりました。特にゴール前のシュートのシチュエーションはジャッジが難しいと思うので、今回のトレーニングはとてもためになりました。

実技で副審の所は理解出来たのですが主審の所でのアドバイスがもう少しいただきたかったです。審判として0,5対1,5でなく1対1になるようにスキルアップ図るように努力し目標にしたいです。

チームワークは一人一人がやるべきことをしっかりとやることが、1+1が2以上になるというお話が印象的でした。オフサイドの判定は、副審が決めるのではないということを改めて感じました。

講義:チームワークを考えた時に、漠然としていた部分が定義づけがされ明確になってきました。実技:主審・副審それぞれ実際のシチュエーションに近い場面を経験できたと思います。千野さん・北澤さんお疲れ様です。

試合前の打ち合わせ、目で確認し合うこと、またそれぞれの役割の大切さがあり、その上にチームワークが成り立つのだということが理解できました。ジェスチャーゲーム、表現力が大事だなぁと思いました(笑)

チームワーク・・・講義の中で1+1=2以上にならなくてはならないと印象を受けました。0.5+1.5でもいけないし、イコールが2以下でもダメ。個々の1の仕事をしてチームチでみたらそれ以上のモノになれる。仕事もそうだなーと、職場の仲間にその話をしました。実技も主審として見る事、予想する事、考える事、準備しとく事、難しくとても勉強になりました。

講義の資料については自分が撮ったものなので評価を下げました。来月もよろしくお願いします。

ハンドリングには自分の中で基準を持つことが大切だとわかった。

講義のビデオ映像が有りイメージ出来て良かったと思います。実技は副審のオフサイドポジション判定が緊張の中でトレーニング出来て良かったと思います。

チームワークの中、実技終了に北澤氏から「打ち合わせ」の話が出ましたが、この「打ち合わせ」について、機会があれば講義していただけたらと思います。

審判団で取り組むことの大切さを感じた。実技は、オフサイドの内容でしたが、改めて重要であると感じた。

実技のデモンストレーターでしたが効果的なデモができていれば幸いです。学科も伝言ゲーム等とても盛り上がり面白かったと思います。

自分の課題としているパサーとオフサイドポジションのプレイヤーとを視野に入れて見るということがとても難しいと実感しています。自信がなくなりましたがこのセミナーで沢山エラーを経験して実戦で活かせれば良いと考えます。きのうはとても悔しかったですが、反面とても楽しく有意義な時間でした。

講義は、動画がいまいち効果的でなかった。1+1の回答が、どういった場合に2<でどういった場合に2>か、また、どうしたら2<にできたかを具体的に示してほしかった。

今回のテーマであった「チームワーク」については自分も試合を遂行するにあたって常に気をつけなければいけないと思うところだったので講師の山際さん始めいろいろな方の意見も聞けて参考になりました。実技に関してはオフサイドの見極め、かなり実践に近い形でのトレーニングだったのでとてもいい内容だったと思います。副審との確認の大切さも再確認しました。ただ主審のスタート位置はかなり後ろで争点とかなり距離があったのでシーンとしてはカウンター?という認識をしていましたがセンターサークルくらいからのスタートでも良いのではと思いました(意図を理解できていないようでしたらすみません)

主審と副審のチームワークについて、互いに見ている角度の違いや争点との距離感もあり、実技で勉強したオフサイドの判定でもアイコンタクトの重要性を痛感しました。特にオフサイドではスピードがあったり混み合っている箇所での発生が多く、得点につながるシーンも多いため、今後の活動でも十分に打ち合わせをもって臨みたいところであります。

チームワークの大切さよくわかりました。今後の活動でも常に意識していきたいと思います。オフサイドについては、自分の中では、特に未熟な部分であり、今回の実技は非常に勉強になりました。次回もよろしくお願いいたします。

実技途中からの参加なので、講義のアンケート結果は削除してください。実技のオフサイドについて全てを副審に任せるのでなく、主審も頭の中で判断する事が大事だと言うことが勉強になりました。

副審のオフサイド判定の感覚を聞くことができよかった。主審からでは焦点の遠近感がつかめないこと、焦点によること、主審が判断することを再認識した。チームワークの大切さ、打ち合わせの必要性を再認識した。映像は見えずらかったが、解説により補助されたし、繰り返し見ることで考える時間があったことはよかった。

61
Return Top