関連リンク 書式ダウンロード

一般社団法人長野県サッカー協会

一般社団法人長野県サッカー協会

2020年 新年のご挨拶

2020年 新年のご挨拶

新年を迎えるに当たりサッカーファミリーの皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
多くの皆さまには、当協会の諸事業にご理解とご支援を賜り心より感謝を申し上げます。

昨年10月の台風19号により被災されました方々にお見舞いを申し上げますと共に、亡くなられました方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。あわせて被災をされました地域の一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。
また、台風19号により各地でサッカー施設やグランドなどで冠水や設備の流出等の被害があり、練習に影響を及ぼし中止された大会もありました。これら施設が早く復旧しますようにお祈り致します。

さて、昨年は新天皇陛下のご即位により元号が令和と変わり、新しい時代がスタートをしました。県内では、全ての大会で令和初代のチャンピオンを目指した戦いが繰り広げられ、盛り上がりを見せてくれました。今年令和2年は、2020東京オリンピック・パラリンピックが開催され、サッカー男女日本代表にメダルの期待がかかります。大会ではダイナミックでスピィディーな試合が展開され、世界レベルのプレーが観られます。日本代表を応援しながら世界の技術や戦術を学べる機会にもなります。サッカーを観て楽しむと同時に多くのことを学んでほしいと思います。

また、パラリンピックにはブラインドサッカー競技があり、応援をしたいと思います。テレビで放送されることが少ない競技ですが、健常者も一緒に楽しめる競技です。一度体験すると奥の深さと楽しさが分かります。松本市にも年代別代表に選ばれ海外遠征に参加した将来楽しみな中学生がいます。今回は年齢制限があり日本代表の候補には選ばれませんでしたが、将来必ずや選出されるはずです。NFAとしましても、障害者のサッカーへの支援を考えなければならないと考えています。皆でパラリンピックを応援しましょう。

JFAはサッカーファミリー保護宣言を出しました。その趣旨はJFAのHPに掲載されていますが、内容をご確認いただき、子供たちが楽しく安全に安心して サッカーに打ち込めるよう、暴力や暴言、ハラスメントのない健全なサッカー環境を実現させるようにご協力をお願いします。

◆JFAサッカーファミリー安全保護宣言◆

  1. サッカーにおける暴力・暴言を根絶します(ゼロ・トレランスの実現)
  2. 子どもたちをハラスメントから守ります。
  3. 子どもたちの健康を守ります。
  4. 良い指導者の養成と有資格指導者を適正に配置します。
  5. 暑熱環境下等でのサッカー環境を改善します。
  6. 年齢・性別・障がい・人種に関係なく、サッカーを楽しめる環境を整備します 。

最後に、令和2年が長野県サッカーの躍進する年になりますと共に、長野県サッカーの益々の発展と関係者皆さまの益々のご活躍を心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2020年1月1日 元旦
一般社団法人長野県サッカー協会
会長 松田 正己

763
Return Top