関連リンク

一般社団法人長野県サッカー協会

一般社団法人長野県サッカー協会

2014 第5回審判セミナー 開催

2014 第5回審判セミナー 開催

2014年7月16日長野県フットボールセンターにおいて2014年度第5回の審判セミナーが開催されました。

今回の講義およびプラティカルトレーニングの講師は、小出さんです。

講義

DSC_0902今回のテーマは、「心理・パーソナリティ」を深く掘り下げて行うのは、初めての取組です。

  • 1分間スピーチ
  • サッカー審判員のメンタルトレーニング
  • 様々な心理技法

「1分間スピーチ」

テーマは、「私の宝物、日頃大切にしている事
※審判と関係のない話題で

☆家族、趣味など多彩なお話が聞けました。

POINT

  • やってみてどうでしたか?
  • 自分らしさを出せましたか?
  • 自分の想いを存分に話せましたか?
  • 発表の前後はどんな気持ちでしたか?



    ぜひ、今日感じたことを大事にしてください!

サッカー審判員の メンタルトレーニング

なぜ、サッカー審判員にメンタルトレーニングが必要なのか?

メンタルの問題や課題によって「ゲームコントロールができなくなる」ことがある

ゲームコントロールするため」にメンタルトレーニングが必要

「ゲームコントロール」を妨げる心的問題・課題とは?

  • 選手、サポーター、メディア、環境、アセッサーなどからのプレッシャー
  • 試合中に突発的なもの(予期しないもの)が起こった時の対応
    等々・・・

審判員には、様々な心理的問題・課題がある!

これらを克服したい!
「メンタルトレーニング」の目的です!

プレッシャーを感じない
冷静さ・集中力を保てる
いつもの自分の力を発揮できる
安定した心でジャッジができる

 様々な心理技法

代表的なものを紹介します。

  1. 筋弛緩法(リラクセーショントレーニング)
    筋肉を収縮させた後に弛緩させ、リラックス感を得るもの。
  2. 腹式呼吸
  3. 暗示呼吸
  4. セルフトーク・キーワード法
  5. 動作・姿勢を変える、「フォーカルポイント」を作る
  6. ソートストッピング
  7. ルーティン
  8. 自律訓練法(重みの訓練と温かみの訓練)

他にも、音楽を用いるもの、言葉を用いるもの、笑顔、セルフマッサージ、メンタルルームを作る・・・etc

様々な方法が本、インターネット等で紹介されています。
自分に合うメンタルトレーニングを見つけてみてください!そして、それらを用いて、よりよいパフォーマンスを披露していきましょう!!

プラティカルトレーニング

今回のテーマは、フラッグテクニックです。

96
Return Top